Home お問合せ サイトマップ 個人情報保護について
お知らせ JA全農えひめとは 農業・技術情報 愛媛の農業 CM紹介 知る・楽しむ 関連リンク

HOME農業・技術情報/安全・安心な農産物をお届けするために/産地情報/JAおちいまばり(スイカ)
農業・技術情報

安全・安心な農産物をお届けするために
産地情報
安心えひめ記帳運動
を実施します。

エコえひめ推進運動の取組み

生産・販売・購買事業改革の実践
生産・販売・購買一体的事業方式でJA改革を実践します。
安心えひめ生産・販売・購買総合推進事業に取り組んでいます。
JAえひめ産地振興プラン推進運動

産地紹介
 「スイカ」での無化学肥料栽培  〜JAおちいまばり 菊間支所〜

愛媛県の北部に位置するJAおちいまばり菊間支所管内では、昭和30年代よりスイカの生産が始まり、県下でも有数の産地として君臨しています。
 「よりおいしいスイカを作りたい」との声から、有志6名が集まって平成10年より「無化学肥料栽培」に取り組んでいます。有機質肥料のみで栽培しますので、肥料の効果が遅く、栽培管理は大変ですがその分おいしいスイカができます。
 わたしたちは、消費者の満足いただける「スイカ」の生産をモットーとし、みなさまに喜んでいただけるのがうれしいのです。

生産者の方々
生産者の方々
 私たちはスイカ栽培のプロフェショナルです。おいしいスイカを作るため、日々努力を欠かしません。
 夏の強い日差しを浴びたスイカは、甘く、みずみずしいものですが、私たちはよりおいしいスイカをめざし、有機質肥料にこだわって栽培しました。
 ぜひ食べ比べてみてください。私たちの努力の結晶が味わえます。

農林水産省ガイドラインによる表示
無化学肥料栽培農産物(農薬使用)
栽培責任者: 越智今治農業協同組合
(代表者名): 菊間支所西瓜部会長 石山 敏郎
住所: 愛媛県越智郡菊間町西山1448
確認責任者: 越智今治農業協同組合
菊間支所営農課 花原 頼
住所: 愛媛県越智郡菊間町浜1141
連絡先: 0898-54-3838

栽培方法(施肥基準)
化学合成農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用量(10a当り)
完熟堆肥 土作り 1,000kg
パール・シェル 元肥 100kg
有機100 追肥 240kg
アミノ酸入り有機発酵エキス 追肥 20kg


生育ステージ

植え付け直後のスイカ 4月
 植え付け直後のスイカです。1本に3本の「つる」を仕立て、広げていきます。
 広がった「つる」の葉が充分日光を受けるよう、間隔を広く取っています。
 敷き藁、ビニールは地温を確保するのに役立ちます。


スイカの花 6月
  花が着きました。この花ひとつにスイカが1個できます。
 スイカは開花後、55日〜60日が収穫適期となりますので、開花日がわかるよう「しるし」を付けておきます。
 ほ場には特別栽培の看板を設置しています。

収穫 7月
  大きなスイカが畑いっぱいになり収穫が始まりました。開花日に合わせて収穫していきます。
 1本の「つる」から3個のスイカが収穫できます。
 (石山さんの畑にて)


出荷 7〜8月
  まごころこめて作られたスイカは、集荷場に集められ、糖度検査を受けた後、1個づつていねいに箱詰めされ、消費者のもとへ出荷されていきます。
 味に自信のある菊間のスイカをぜひご賞味ください。


戻る ページトップへ
ホームページに関するご意見等は、info@eh.zennoh.or.jp
(C) Copyright 2004 全農愛媛県本部. All rights reserved.