トップページ > 最新情報 > ウンカ類に効果が高い新規有効成分ピラキサルトを含有する箱処理剤を県内JAに推進

最新情報|全農えひめ

ウンカ類に効果が高い新規有効成分ピラキサルトを含有する箱処理剤を県内JAに推進

 近年、愛媛県内でトビイロウンカの大量飛来によって水稲場面に大きな被害が発生したことを受け、県内JAに向けて、高い防除効果を持つ箱処理剤の導入を推進しました。
 今回推進を行った箱粒剤は、JA全農が農薬メーカーのコルテバ・アグリサイエンス(旧デュポン)と共同開発したウンカ類に対して卓効を示すピラキサルト(一般名:トリフルメゾピリム)を含み、県内JAおよび県農林水産研究所において実施した効果確認試験において、ウンカ類に対する高い防除効果と移植後80日以上の残効性が認められました。この結果をもって、県内JAの令和3年度水稲防除指針に新規箱処理剤が採用され、トビイロウンカによる被害を防ぐ対策として推進することとしています。県内各JAのピラキサルト採用状況は以下のとおりです。


JA

水稲防除指針に採用されている主要箱処理剤

※ピラキサルト(一般名:トリフルメゾピリム)含有薬剤

JAうま

箱維新粒剤

JAえひめ未来

サンエース箱粒剤

JA周桑

スクラム箱粒剤

JAおちいまばり

サンエース箱粒剤

JA今治立花

ゼクサロンパディート箱粒剤

JAえひめ中央

サンエース箱粒剤

JA松山市

サンエース箱粒剤

JA愛媛たいき

スクラム箱粒剤

JAひがしうわ

箱維新粒剤、サンエース箱粒剤

JAえひめ南

スクラム箱粒剤、サンエース箱粒剤














トビイロウンカ成虫.png トビイロウンカは海外飛来性であり、飛来源のベトナムや中国南部における多発等を原因として、近年は西日本を中心に各地で大量発生し、大きな被害を及ぼしている水稲の最重要害虫。愛媛県においても令和元年と令和2年に連続して大量発生し、愛媛県病害虫防除所より2年連続で病害虫発生予察警報が発令されました。



トビイロウンカ幼虫.png