トップページ > 最新情報 > 【4月14日はオレンジデー】松山市の飛鳥乃湯泉前と松山空港で旬の柑橘を配布するオレンジデーイベントを開催します!

最新情報|全農えひめ

【4月14日はオレンジデー】松山市の飛鳥乃湯泉前と松山空港で旬の柑橘を配布するオレンジデーイベントを開催します!

orangedayrogojaver.jpgのサムネイル画像


4月14日は「オレンジデー」。「愛のシンボル」であるオレンジを贈り合い、愛を育み大切な人との絆を深める記念日です。

「オレンジデー」は、1994年に愛媛県内のかんきつ生産農家が発案したとされ、JA全農えひめが2009年5月に日本記念日協会に登録した記念日です。

JA全農えひめは、愛媛発祥の「オレンジデー」を盛り上げて、生産量日本一を誇る愛媛産柑橘のPRと消費拡大につなげる取り組みを進めています。

「オレンジデー」当日の4月14日(日)、オレンジデーイベントとして松山市の飛鳥乃湯泉前と松山空港で愛媛いよかん大使らが旬の柑橘「清見タンゴール」のサンプリングを行います。

 

1.飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)前オレンジデーイベント

2018orangeday01.JPG

1)日時:平成31年4月14日(日)9:00~

(2)場所:飛鳥乃湯泉前(愛媛県松山市道後湯之町19番22号)      

(3)内容

松山市の飛鳥乃湯泉前で、愛媛いよかん大使4人らが、414日にちなんで、県内外の方先着414名様に「清見タンゴール」を無料配布します(1人1個なくなり次第終了します)。

また、今回は飛鳥乃湯泉2Fで「清見タンゴール」のアロマオイルを使用したハンドマッサージイベントも行います(松山市主催)。


2.松山空港オレンジデーイベント

2018orangeday02.JPG

(1)日時:平成31年4月14日(日)13:30~

(2)場所:松山空港1階到着ロビー

(3)内容

愛媛いよかん大使4人らが、4月14日にちなんで、県内外の方先着414名様に「清見タンゴール」を無料配布します(1人1個。なくなり次第終了します)。



◆ 4月14日の「オレンジデー」とは

 2月14日=「バレンタインデー」、3月14日=「ホワイトデー」に続くカップルの記念日です。

お互いの愛情を確認しあう日として、1994年(平成6年)、愛媛県内のかんきつ生産農家が発案したとされています。

 2009年(平成21年)5月、JA全農えひめが日本記念日協会に登録しました。

 

◆ な"オレンジ"なのか...

 オレンジは結婚と非常に深い関係があります。樹に実がたくさん成ることから、「繁栄」や「多産」のシンボルとなり、また、花は清らかな白色をしており、花言葉は「花嫁の心」「純潔」「寛大」です。このため、欧米の結婚式では花嫁がオレンジの花を身に付けたりしますし、男性がオレンジの実を持ってプロポーズをする習慣もあるといいます。オレンジは、「愛のシンボル」なのです。


kiyomiPa3.jpg

 愛媛の旬の柑橘「清見タンゴール」について

「清見タンゴール」は、袋掛けして越冬栽培していて、ジューシーでとろける果肉と豊かな風味が特徴です。「せとか」、「デコポン」といった人気品種の母としても活躍(活用)。

愛媛県は、清見タンゴールの生産量が全国一。平成29年産実績は、4,149tで、全国生産量の約4割を占めます。

 

◆愛媛県は柑橘生産量が、昭和49年以降43年連続日本一(平成28年産まで)。
 愛媛県の平成28年産柑橘類全体の生産量は21万5千t(全国1位)。
 (「農林水産省 統計情報」より)

 

■愛媛県産の旬の柑橘をはじめ農産物のお取り寄せ

  ご注文はこちら=「JA全農えひめ直販ショップ」まで。