トップページ > 最新情報 > 「2017愛媛みかん大使」4人を任命しました。

最新情報|全農えひめ

「2017愛媛みかん大使」4人を任命しました。

JA全農えひめは、8月24日、松山市のJA愛媛で、愛媛みかん・伊予柑など愛媛産かんきつをPRする「2017愛媛みかん大使」4人を任命しました。

59代目となった「2017愛媛みかん大使」は、次の皆さんです。

2017mikanntaishi.JPG

           ●一色 涼花   (いっしき りょうか)さん【20歳】松山市在住(大学生)

           ●佐野 梨夏   (さの りか)さん 【19歳】大洲市在住(団体職員)

           ●藤田 茉倫   (ふじた まりん)さん【21歳】松山市在住(大学生)

           ●松村 祐莉愛 (まつむら ゆりあ)さん【20歳】松山市在住(大学生)

           ※写真=2017愛媛みかん大使の皆さん(右から=一色さん・佐野さん・藤田さん、松村さん)

 

任命式では、JA全農えひめ運営委員会の菅野幸雄会長が4人に任命状を渡し、「愛媛県を代表し農家の想いを全国の皆様に伝え、愛媛みかんをPRしてほしい」と激励。前年の大使からタスキを受け継いだ4人は、「愛媛産かんきつの魅力を全国の皆さんにしっかりPRしていきたい」と笑顔で抱負を話しました。

みかん大使による活動は、昭和34年度から始めており今回で59回目、一般公募は昭和62年度から実施しており31回目となりました。

 今年は、愛媛県内在住の18歳以上の方を対象に6月9日から7月10日まで公募。87人(昨年93人)の応募があり、書類審査を通過した19人が面接審査(8月9日)に臨み、審査員11人(マスコミ関係者、生産者・JA全農えひめ代表者など)が、「印象(好感度)」「知性」「容姿(姿勢等)」などを総合的に審査し、4人の「愛媛みかん大使」を決定しました。 

4人は、接客サービスや柑橘・産地の知識など基礎研修を受けた後、11月上旬から東京・大阪で「愛媛みかん大使キャンペーン」に参加。年明け1月からは「愛媛いよかん大使」として、2月は札幌・首都圏・京阪神を回る「愛媛いよかん大使全国縦断キャンペーン」のほか、「オレンジデー・オレンジロード関連イベント」など各種イベントや販促活動、テレビ出演等を通じ愛媛産柑橘をPRします。  


今後の主な活動予定

  11月上旬  「愛媛みかん消費拡大キャンペーン」(東京・大阪)

  1月下旬   「えひめみかん祭り」

  2月     「愛媛いよかん縦断キャンペーン」(京阪神・首都圏・札幌)

○ 4月14日 「オレンジデー」イベント