Home お問合せ サイトマップ 個人情報保護について
お知らせ JA全農えひめとは 農業・技術情報 愛媛の農業 CM紹介 知る・楽しむ 関連リンク

HOMEお知らせ/ 「愛のゆめ 新発米キャンペーン」実施中
お知らせ

はじめまして、あたらしい愛媛のお米。「愛のゆめ」新発売!!

「愛のゆめ 新発米キャンペーン」
たくさんのご応募ありがとうございました


 愛媛生まれのお米『愛のゆめ』が、県内米穀卸3社から統一ブランド名で新発売!!

 JA全農えひめでは『愛のゆめ』の発売を記念して、平成17年11月1日から平成18年1月31日まで、『愛のゆめ』をご購入いただいた方の中から抽選で旅行券などが当たる「愛のゆめ 新発米キャンペーン」を実施しました。
(※現在、キャンペーンは終了しています)

 期間中、たくさんの応募をいただき、ありがとうござました。
 なお、当選者には賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。


『愛のゆめ』を食べた方から、こんな声が届きました(※キャンペーン応募はがきより抜粋)
もちもち感があって美味しい。冷めてもツヤがありお弁当・おにぎりにいいですね。(松山市・56歳・女性)
学校給食と同じお米を家庭でも食べられることは幸せ。(松山市・31歳・女性)
もっちりして、噛んでいると甘味が出て美味しい。(松山市・63歳・女性)
無洗米の登場を期待しています!(松山市・33歳・女性)
ツヤと粘りがあり大変気に入った。学校給食もこれなら安心!(松山市・47歳・女性)
給食で食べていると子どもに聞いて買いました。おにぎりにすると特に美味しいです。(松山市・38歳・女性)
パッケージに惹かれて買いました。とても美味しかったです。(砥部町・49歳・女性)
愛媛で作られているので安心・信頼して食べられます。(松山市・43歳・女性)
6歳の子どもに「お米は“愛のゆめ”にしてね」と言われました。(松山市・36歳・女性)
地元の小学生の絵に愛着を感じます。(八幡浜市・71歳・男性)
ネーミングがいいですね。覚えやすくてきれいな名前です。(松山市・44歳・女性)


『愛のゆめ』ってどんなお米?
 『愛のゆめ』(系統名:媛育50号)は、平成元年、愛媛県農業試験場で開発!!『日本晴』系統の『西海181号』を母に、『コシヒカリ』系統の『ヒノヒカリ』を父として交配・育成されました。炊くとツヤツヤ光って粘りがある美味しいお米。また、愛媛の気候風土にもあった品種で、農家が作りやすいという利点もあります。平成14年1月に愛媛県の奨励品種に採用され、『愛のゆめ』と命名されました。

 JA全農えひめでは、「売れる米づくり」の一環として、地産地消をコンセプトに、愛媛で生まれ、愛媛の気候風土に合った『愛のゆめ』を、愛媛県民に広く愛されるブランド米・銘柄米に育てようと、平成15年11月から学校給食米として先行販売してきました。
 また、県内の小学校のみなさんからニックネームを募集して、『マイフレンド』(商標登録済)に決定しました(県内97校・約500点の応募がありました)。

 平成16年5月からは『愛のゆめ』を酒米として酵母(EK-1)も愛媛にこだわって作られた吟醸酒「え」が発売されました。現在、県内22の酒蔵で製造されています。

戻る ページトップへ

(C) Copyright 2004 全農愛媛県本部. All rights reserved.