トップページ > 最新情報 > 神野副知事を表敬訪問し「紅まどんな」シーズン到来を報告!

最新情報|全農えひめ

神野副知事を表敬訪問し「紅まどんな」シーズン到来を報告!

 JA全農えひめは、11月20日、「紅まどんな」の販売スタートにあたり、JA全農えひめの関岡光昭副本部長とJAえひめ中央の福島幸則代表理事理事長らが愛媛県の神野一仁副知事を表敬訪問し、生産概況や販売計画について報告しました。

JA全農えひめ果実課は、JA全農が商標登録している愛媛オリジナル品種「紅まどんな」のブランド確立・強化につなげようと、28年産から県内統一の「販売解禁日」(卸売市場販売開始日)を設定しています。解禁日は、品質重視のため作柄及び果実品質内容を考慮して毎年決めることにしており、今年産は11月21日に設定。11月20日以降、県内最大産地のJAえひめ中央をはじめ各産地で出荷が順次始まりました。

20191121benimadonnna.JPG

   ▲神野副知事(中央)に紅まどんなを贈呈したJAえひめ中央おひさまキャンペーン隊JASH!