トップページ > 最新情報 > さといも「伊予美人」各JA枠を超えた広域選果場完成!

最新情報|全農えひめ

さといも「伊予美人」各JA枠を超えた広域選果場完成!

  JA全農えひめは、県特産品さといも「伊予美人」の主力産地である県東予地区4JAが参加する広域集出荷施設「愛媛さといも広域選果場」を愛媛県四国中央市に建設し、3月22日から稼働を開始しました。 
                            ▼愛媛さといも広域選果場
2019iyobijinn01.JPG

 愛媛県産さといもは、「女早生」を系統選抜した「愛媛農試V2号」をJAブランド「伊予美人」(全農商標)として販売促進活動を進め、県東予地区全域に栽培面積の拡大が進んでいます。一方で、各JAの選果基準の違いから品質・出荷ロットのバラツキ、小規模選果施設での選果対応能力が課題になっており、平成27年度から愛媛県本部と東予地区の5JAが共同選果モデル事業を開始し、選果基準の統一化やJA間格差の是正などを行ってきました。
2019iyobijinn02.JPG
 
 このようななか、産地収益力強化支援事業(産地パワーアップ事業)を活用し、さといもの選果・選別・包装機能と直販機能ならびに芋分離・根切り機能を具備した同選果場を設置しました。処理能力は日量35トン、年間約3000トンの出荷を計画しています。
 
 JA枠を超えた広域選果場として、県東予地区の系統共販率の向上と生産面積
の拡大および県本部による生産から販売の一元化をすることにより、生産者の所得向上を目指していきます。