トップページ > 最新情報 > さといも「伊予美人」 愛媛県副知事を表敬訪問!

最新情報|全農えひめ

さといも「伊予美人」 愛媛県副知事を表敬訪問!

satoimoiyobijinn2018.jpg

▲「伊予美人」を手にする神野副知事(右から3人目)と関係者ら


 愛媛県のオリジナル品種、さといも「伊予美人」の今年産の収穫スタートにあたり、8月31日、JA全農えひめの関岡光昭副本部長、JAうまの篠原一志代表理事組合長、JA愛媛野菜生産者組織協議会の宝利義博会長らが、愛媛県の神野一仁副知事を表敬訪問。生産概況や販売計画などを報告しました。

「伊予美人」を使った芋炊きを試食した神野副知事は、「粘り気が強くておいしい。愛媛の代表ブランドとしてしっかりとPRしていってほしい」と話しました。

愛媛県はさといも生産量が全国第4位(平成29年産)。今年産の栽培面積は7JAで栽培面積147.1ha(前年比111%)、出荷量は3,575t(前年比119%)を見込んでいます。JA全農えひめは、品質の統一を図りながら県内JAとともに店頭試食宣伝活動や各種イベントを通じて、「伊予美人」のブランド浸透に取り組んでいます。平成31年春には、単位JAの枠を超えた「愛媛さといも広域選果場」を四国中央市に新設予定です。