トップページ > 最新情報 > 平成29年度愛媛県TACパワーアップ大会を開催!

最新情報|全農えひめ

平成29年度愛媛県TACパワーアップ大会を開催!

JA全農えひめは、6月5日、松山市のJA愛媛でTAC(地域農業の担い手に出向くJA担当者)の活動強化・レベルアップに向けて、県内のTACが活動事例を発表する「平成29年度愛媛県TACパワーアップ大会」を開きました!

 県内では13JA・86人がTAC活動に取り組んでおり、同大会は、県内TAC活動の事例を共有するとともに、優良事例を表彰することでTAC活動のレベルアップとモチベーション向上をめざして毎年開いています。今回で4回目となり、県内JAのTAC関係者など77人が参加しました。

大会では8JAのTAC8人が「農業者の所得増大・農業生産の拡大に向けた取り組み」をテーマに、1人15分で活動事例を発表。全農えひめのほか、愛媛県、JA愛媛中央会、JA愛媛県信連・JA共済連愛媛の審査員9人が、事前の書類審査と当日の発表内容を総合的に評価し各賞が決まりました。

 最優秀賞には、伊予美人の面積拡大による農業所得増大の取り組みを発表した佐々木翔麻さん(JA周桑園芸生産指導課)、優秀賞には、二宮孝文さん(JAおちいまばり菊間営農生活センター)、井上剛志さん(JAにしうわ農家支援課)が選ばれました。

 また、情勢報告した全農TAC推進課は、高齢化や後継者問題などを抱える家族経営における「事業承継」の相談にもTACが積極的に取り組む必要があることを訴えました。


20170605tac001.jpg

                      (左から)優秀賞の二宮さん、最優秀賞の佐々木さん、優秀賞の井上さん