えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 『えひめの食』商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ バナーダウンロード ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介
野菜・果物のご紹介
米麦のご紹介
畜産のご紹介

野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産

ブロッコリー 生産者の紹介
ブロッコリー(南宇和郡愛南町)

【生産地】
南宇和郡愛南町

【協力生産者】

JAえひめ南
南宇和支部野菜部会
部会長 西川 峰男さん


愛媛県内のブロッコリーの出荷量の約半数を占めるJAえひめ南。その中でも、管内の栽培面積の約6%に当たる1.5haを西川さんが占めています。ブロッコリーは冬の代表的な緑黄色野菜で、開花する直前の花蕾(つぼみ)と茎を食用とする花野菜です。
東京で働いていた西川さんは、35歳の時に宇和島市に住まいを移しました。地元で仕事をしながら水稲栽培をしていましたが、退職後に専業農家に。11年前からブロッコリーの栽培を始めたそうです。西川さんはブロッコリーを8月上旬から8回の時期に分けて10a当たり4,000株を定植、収穫は10月から翌年の6月までです。収穫したブロッコリーはキャリーでJAに出荷され、選果場で規格等選別され、発砲スチロール箱に氷と一緒に詰められ輸送されます。氷を一緒に詰めることで、ブロッコリーが仮眠状態になり、品質低下が少なくなるそうです。
西川さんの好きなブロッコリーの食べ方は、シンプルに茹でてマヨネーズをかけたり、シチューに入れたり、天ぷらにしたりなど。特に茎の部分を短冊状に切って揚げた天ぷらがおいしいそうです。おいしいブロッコリーの選び方は、濃い緑色でつぼみが小さく締まっていて切り口がみずみずしいもの。新鮮なものほど甘味があるので、早めに食べてくださいね。

2019年1月13日放送













ブロッコリー 商品のご紹介
ブロッコリー レシピのご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『えひめの食』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ
Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.