えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 『えひめの食』商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ バナーダウンロード ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介
野菜・果物のご紹介
米麦のご紹介
畜産のご紹介

野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産

紅まどんな 生産者の紹介
紅まどんな(伊予郡砥部町)

【生産地】
伊予郡砥部町

【協力生産者】

JAえひめ中央
石田 慎一さん


トロンととろけるゼリーのような食感と豊かな香りの愛媛県オリジナル品種愛媛果試第28号、紅まどんな(JA全農えひめの登録商標)を石田さんは砥部町の加温ハウス10aで栽培しています。他に屋根掛けハウスで紅まどんなを12a、ハウスみかん、キウイフルーツ、せとかなど多品目を栽培し、周年で安定して収入が得られるようにしています。そのことも評価され、今年1月に行われた第46回日本農業賞個別経営の部で大賞を受賞しました。
家は代々農家、石田さんで4代目。農林水産省果樹試験場興津支場卒業後すぐに就農しました。紅まどんなに取り組んだのは9年前。原油高騰のあおりを受けたのがきっかけでハウスみかんの樹に紅まどんなを接ぎ木、2年育成し3年目から収穫ができるようになりました。贈答品としてボリュームを求められるけれど、大玉だと味が淡泊になるので、しっかりとした摘果や夏場の水の管理などに気を配っています。
紅まどんなは人気があるので作りがいのある品種と石田さん。紅が濃く重量感があり切り口の軸が細い方がおいしいそうです。今年はスマイルカットを少しアレンジして、おしゃれに食べてみてはいかがでしょう。

2017年11月26日放送

 













紅まどんな 商品のご紹介
紅まどんな レシピのご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『えひめの食』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ
Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.