えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 『えひめの食』商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介


野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産

紅まどんな 生産者の紹介
紅まどんな(伊予市)

【生産地】
伊予市

【協力生産者】

JAえひめ中央
南伊予支部

神原 繁樹さん


南伊予の地域は、柑橘栽培の盛んな場所です。ここで神原さんは、紅まどんなを25a、他せとか、デコポンなど全体で75a栽培しています。取材した屋根掛けハウスは7a、もともとはハウスみかんを栽培していましたが、7年前に紅まどんなに切り替え、3年前から収穫できるようになりました。
紅まどんな栽培にとって一番大切なのは、水の管理。実を太らせるためには水が必要だけれど、糖度を上げるためには水をきらないといけない、この切り替えのタイミングが難しいと神原さん。同じ栽培仲間で、水の管理を夢にまで見る人がいるそうです。自分として精一杯紅まどんな栽培に取り組んでいるので、その姿を見て若い後継者が続いてくれるといいなとおっしゃっていました。
紅まどんなは愛媛県オリジナル品種「愛媛果試第28号」、県内JAから品質が保証されたものだけが紅まどんなとして出荷されます。出荷時期が11月下旬から12月末までと短い紅まどんな。ゼリーのような食感、大玉で高級感のある柑橘として年末の贈答品として人気が高まっています。一年間がんばった自分へのご褒美として自分に贈ってみてはいかがでしょう。

2014年12月6日放送
















紅まどんな 商品のご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『えひめの食』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.