えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 『えひめの食』商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介


野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産

せとか 生産者の紹介
せとか(今治市菊間町)

【生産地】
今治市菊間町

【協力生産者】
JAおちいまばり 
別府 英治さん

菊間町にも「3つの太陽」がありました。それは、別府さんがご自身で造成した園地です。南向きの斜面にふりそそぐ太陽光。園地前の溜め池からの反射光。そして、石垣ならぬブロック塀からの反射光。3つの太陽の恩恵を受け、水はけまで計算して造成した園地は全体で60a、せとかは8a、その他柑橘を中心に落葉果樹も栽培しています。
せとかは味に加え見た目の大きさ・美しさが特徴。この特徴を活かすため、せとかに「サンテ」という靴下のような布を年に2回、1つ1つかけていきます。まず7〜9月の時期、実の日焼け防止のため「白いサンテ」をかけます。10月にはサンテを全部はずし、太陽に当てて実の色づきを促します。12月頃、果皮の色あせ防止、鳥害防止のため「黒いサンテ」をかけます。別府さんはご夫妻で、12,000個のせとかに1週間でかけていきます。せとかには葉の元や枝にトゲがあるので、サンテがけや収穫の際に手や体に刺さるだけでなく、実を傷つけたりするので、美しいせとかをつくるためには、トゲを切る作業も必要になります。枝が広がり過ぎないように枝吊りをするなど、せとかの栽培には大変手間がかかるため、高級柑橘として販売されるのも納得です。
別府さんによると、今年は柑橘の裏年にあたるので、量としては平年を下回るけれど、昨年の夏の気温が高かったので、「味の濃いせとか」ができたそうです。果皮が薄いので、手で簡単に剥けるので、味はもちろんですが、特有の香りも楽しんで召し上がってください。

2013年2月24日放送











せとか 商品のご紹介
せとか レシピのご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『えひめの食』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.