えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 『えひめの食』商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介


野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産

紅まどんな 生産者の紹介
紅まどんな(伊予郡砥部町)

【生産地】
伊予郡砥部町

【協力生産者】
JAえひめ中央 
西岡 昭司さん

砥部町の住宅地に西岡さんの「紅まどんな」のハウスがあります。紅まどんなの果皮はとても薄いため、雨に当たらないようハウス栽培されています。
西岡さんは、紅まどんなの苗を植えて6年目。4年目から収穫するようになりました。
紅まどんなの栽培で一番大切なのは、水の管理。
まずは、酸味を抑えたり実を大きくする為に水を増やし、糖度を増やす為に節水管理をするなど、デリケートな管理が必要になります。そのため、西岡さんのハウスには、灌水パイプやマルチシートが一面に張り巡らされています。
紅まどんなは愛媛のオリジナル品種「愛媛果試第28号」。一定の基準をクリアしたものだけが、「紅まどんな」として出荷されます。紅まどんなは果皮の色の赤が濃く、水分が多いため実がずっしりと重く張り感があります。果皮が薄いため、スマイルカットで食べるのがお勧めです。普通の柑橘と違い、トロンととろけるようなゼリー状の実、甘味と豊かな香りが特徴です。
西岡さんがわが子を育てるように大切に栽培した『紅まどんな』を日本全国の皆さんに食べていただきたいです。

2012年12月2日放送







紅まどんな 商品のご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『えひめの食』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.