えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 『えひめの食』商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介


野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産

春の七草 生産者の紹介
春の七草(西条市氷見地区)

【生産地】
西条市氷見地区

【協力生産者】
JA西条 春の七草部会
伊藤 嘉浩さん

1月7日と言えば、”七草粥”ですよね。
人日の節句(1月7日)の朝に、七草粥を食べる風習は、
年頭にあたって「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」
といった願いが込められており、江戸時代に広まったそうです。

七草のパック詰めは1月1日から1月4日にかけて一斉に行います。
新鮮さを保つため決して早取しないのがこだわり。
8月末から栽培が始まりますが、種類が七種なら手間は七倍、栽培期間、七草の生産者は気を抜くことができません。

西条市橘・氷見地区を中心に、子供達が七草を収穫・パック詰めしている風景は正月の風物詩なんです。
「春の七草部会」では、毎年、地元の中学・高校に収穫・パック詰めの手伝いをお願いする等、食育活動を盛んに行っており、伊藤さんのほ場には150人以上の中高生徒等が手伝いに入るそうです。

地域みんなで大事に育てた春の七草。
正月、飲みすぎ・食べすぎでもたれた胃に是非どうぞ!

2007年11月26日取材


JA西条 春の七草部会の皆さん


ゴギョウ

ホトケノザ

ハコベ

スズナ

スズシロ

ナズナ

セリ
 




春の七草 商品のご紹介
春の七草 レシピのご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『えひめの食』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.