えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 『えひめの食』商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介


野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産
春の旬の野菜
たまねぎ 生産者の紹介
たまねぎ(松山市・旧北条市難波地区) 

【生産地】
松山市(旧北条市難波地区)

【協力生産者】
JA愛媛野菜生産者組織協議会
たまねぎ部会長 山崎 久生さん

生でよし!炒めてよし!煮てよし!
どんな料理にも相性バツグンの万能野菜玉ねぎ。
山崎さんは、甘みが強く棚持ちの良い「もみじ3号」という品種のたまねぎ栽培しています。
山崎さんの園地がある旧北条市難波地区は花崗岩質の土壌で水はけがよく、また海に面した温暖な気候で日照時間が長いので玉ねぎ栽培にはぴったり。
9月〜11月に苗を作り、11月下旬に植付けをして収穫は5月下旬から6月上旬・・・作業はほぼ1年がかりです。「収穫のタイミングにはこだわりがある!」と、山崎さん。早く収穫すると甘みがのらず、逆に遅いと鮮度が保ちにくくなるそう。このタイミングの見極めはプロのみ成せる技なんでしょうね。
「もみじ3号」は長所の甘みを活かして、生でスライスして食べるのがオススメ。水にさらした後、冷蔵庫で3分程冷やして食べると美味しくいただけます。また、風通しの良い冷暗所で保管すれば半年くらい持つというから驚きです!
今はまだ春ですが、夏バテした時には玉ねぎスライスでさっぱりと! 覚えておいて下さいね。

2008年4月1日取材





たまねぎ 商品のご紹介
たまねぎ レシピのご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『えひめの食』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.