えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 『えひめの食』商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介


野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産
夏が旬の農作物
きゅうり 生産者の紹介
きゅうり(喜多郡内子町)

【生産地】
喜多郡内子町

【協力生産者】
JA愛媛たいき
中岡 將さん

内子町の中山間地で中岡さんはきゅうりを15a、他にいちごや原木しいたけ、モロッコいんげん、水稲を栽培しています。きゅうりの品種は豊美2号。緑が濃く利用しやすい大きさに育ち、きゅうりらしいさわやかな風味が味わえるきゅうりです。
きゅうりは温度が上がると鮮度が落ちるので、気温の高いこの時期のきゅうりの収穫は朝5時半から始め、8時半には出荷をします。一日に5cmも伸びることもあるくらいきゅうりは成長がはやいので、収穫は夕方も行います。中山間地で昼夜の寒暖の差が大きいので、おいしいきゅうりが育つと中岡さん。ただ、中山間地ならではの苦労もあり、水やりが大変で、圃場まで軽トラで水を運んでいるそうです。
中岡さんにとって農業の楽しいところは、自分で考えたことを実行に移すことができること。大筋は変えないけれど、昨年と同じ方法で栽培は行わないそうです。新しい資材を使うなど常にチャレンジを行い、それがずばり当たった時はとてもうれしいと中岡さん。これからは、自家労働力だけでできる農家を目指したい、中山間地の限られた面積だけれど、楽しく生活ができたらいいなと話してくださいました。

2017年7月23日放送









きゅうり 商品のご紹介
きゅうり レシピのご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『えひめの食』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.