えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 『えひめの食』商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介


野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産
春の旬の野菜
ピーマン 生産者の紹介
ピーマン(上浮穴郡久万高原町)

【生産地】
上浮穴郡久万高原町

【協力生産者】
JA松山市 久万高原ピーマン部会 副部会長 大野 晃さん

久万高原町は清らかな水、昼夜の寒暖差を利用した野菜の産地です。晃さんは父親の跡を継ぎ、5年前からピーマンを15aで栽培しています。「京波」という品種を栽培しており、色が濃く、つやがあり肉厚な特徴があります。
ピーマンの収穫最盛期は8月。暑いので、朝5時から9時まで収穫作業をし、その後屋内でピーマンのヘタを切る作業をします。1日の収穫量は約10,000個。「母親も一緒に作業をしているが、収穫のスピードはまだまだかなわない」と晃さん。葉の陰に隠れているピーマンを見つけるのも上手いと絶賛していました。また、この時期は一株に多くの実が付くので、株が疲れてしまわないように摘果作業も必要になります。
ピーマンが一日で太る今の時期は、みずみずしく甘みがあると晃さん。おいしいピーマンの見分け方は、濃い緑色、ツヤがあり重量感のあるもの。ピーマンのビタミンCは熱に強く、ベータカロテンは油との相性も抜群なので、炒めものでぜひ召し上がってください。

2014年8月2日放送










ピーマン 商品のご紹介
ピーマン レシピのご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『えひめの食』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.