えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 『えひめの食』商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介


野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産

トマト 生産者の紹介
トマト(大洲市)

【生産地】
大洲市

【協力生産者】
JA愛媛たいき

吉岡 恵一さん


大洲市内の22aのハウスで吉岡さんはトマトを栽培しており、最盛期は一日500kg、年間25tのトマトを収穫しています。吉岡さんのトマトは「エコラブトマト」。「エコラブトマト」とは、JA愛媛たいき管内で、従来より農薬・化学肥料を30%以上減らして栽培された、環境と人にやさしく「愛(ラブ)」の詰まったトマトのことです。丸くつるっとした形で、甘味と酸味のバランスがいいのが特徴です。
吉岡さんは子供の頃から親の農作業の手伝いをしていましたが、就農は考えていませんでした。学生時代に大きな転機があり、農業を継ぐ事を決意、卒業後に就農しました。現在ではトマト栽培15年、周囲からは「熱い」といわれる程トマトに情熱をかけています。元気の秘訣は「トマト」と言うだけあって、吉岡さんは子供達と一緒においしいトマト料理を、奥様はスイーツを研究中。トマトパワーのおかげでしょうか、4年前に初めて参加したマラソンで、見事完走をしています。
農業について伺うと、トマトは手をかけた分だけ答えてくれるので、やって良かったと思うし、親の大変さが分かる、自分が農業をしている親の背中を見て育ったので、子供達も何かを感じてくれたら・・・とおっしゃっていました。夢は、自分の育てたトマトを一人でも多くの人に食べて喜んでもらい、「明日も食べたい」と思ってもらうトマト作りをしていきたい。また、県内どこに行っても「エコラブトマト」が販売されていること、と熱い思いを語ってくれました。

2013年6月21日放送
2016年5月22日放送












トマト 商品のご紹介
トマト レシピのご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『えひめの食』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.