えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 「旬」商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介


野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産

ピーマン 生産者の紹介
ピーマン(西予市野村町)

【生産地】
西予市野村町

【協力生産者】

JAひがしうわ
ピーマン部会
土居 猛さん




土居さんは西予市野村町でピーマンを栽培しています。
野村町といえば、「シルクとミルクの町」として有名ですが、土居さんも20年前は酪農をされていたそうです。土作りがポイントという土居さんの畑は、暑い夏が旬のピーマンが夏バテしないように土にたい肥(牛ふん)をたっぷり投入!また、根をしっかりはらせてたくさん養分をとれるようにしています。そうすることで、ピーマンの甘味が増し、色が濃くなるそうです。
水管理にも気を配っています。土居さんの畑のある野村町は水が豊富で、山から水路を引きタンクへ貯水しています。ピーマンは日照が強いと日焼けしてしまうので、それを防ぐために2日に1回はたっぷり水を与え、実に十分な水分を貯えさせます。
取材に伺ったのは8月10日。朝夕の1日2回涼しい時間帯に収穫します。1本の樹から約300個ものピーマンが収穫できると聞きびっくり!この作業は11月いっぱいまで続くそうです。

ピーマンのビタミンCは、加熱してもあまり損失しないのでしっかり摂取できます。また、油との相性がよく、油といっしょに食べることでカロテンの吸収もよくなります。
写真のように、お尻までふっくらハリがあるものがおいしいピーマンの証拠です。

2010年8月27日放送



ピーマン 商品のご紹介
ピーマン レシピのご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『旬』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.