えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 「旬」商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめ『旬』仕事人
 
   
   HOME  
  農業にかける思い。生産者の
人たちをご紹介します。
     



○ 生産者のご紹介


野菜・果物
春の旬 夏の旬 秋の旬 冬の旬
米麦 畜産

きゅうり 生産者の紹介
きゅうり(大洲市)

【生産地】
大洲市

【協力生産者】

JA愛媛たいききゅうり部会
山本 茂行さん




山本さんは大洲市肱川で白いぼきゅうりをハウス栽培しています。きゅうりは90%以上が水分と言われ、その栽培に水は欠かせません。肱川沿いのこの地域は水が豊富で、山本さんのほ場では地下水を汲み上げて使っています。地下水は雨が降っても濁らず、年間通して温度が一定という利点があり、愛媛の豊かな清水をたくさん吸っておいしいきゅうりに育ちます。
きゅうりの収穫作業は、1日2回、朝夕の涼しい時間に行います。きゅうりには、S(17〜19cm)M(19〜21cm)L(21〜22.5cm)とサイズがあり、それ以外は規格外になってしまうそうです。「長さは感覚で」と、Mサイズを中心に1本1本見分けながら収穫していく山本さんですが、最盛期のこの時期には1日に4〜5cmも伸びるため、「明日の朝がちょうどいいかなと思っても、翌朝には伸びすぎて規格外になったりするから収穫のタイミングが難しい」とおっしゃっていました。
水やりは3日に1回、湿度を保ち、病気に強い元気でシャキッとしたきゅうりを育てるため、土の上にはワラや落ち葉を敷いています。ワラや落ち葉は最後には土に還って肥料になります。堆肥も十分与えて、よく肥えた水はけ水もちのよい健康な土作りを行っています。
山本さんのハウスは大変きれいに整備されていました。「やっぱり食べ物ですからね。日頃から心がけています」と、きゅうりにとても愛情をこめ、自信を持って栽培されている姿が印象的でした。



曲がっててもまっすぐでも味は同じ。痛いくらいトゲトゲしていて緑の濃い艶やかなのがおいしいきゅうりだそうです。

2010年6月25日放送


きゅうり 商品のご紹介
きゅうり レシピのご紹介

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『旬』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.