えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 「旬」商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめの食商品のご紹介
 
   
   HOME  
  季節ごとの農作物をはじめ『えひめの食』関連商品を
ご紹介します。
   


○『えひめの食』 商品
のご紹介

紅まどんな



愛媛生まれの
オリジナル品種
トロンととろける
ゼリーのような食感
紅い果肉からあふれる甘い
果汁と豊かな香り
スマイルカットで
召し上がれ
紅まどんな【西岡 昭司さん】のご紹介(伊予郡砥部町)
紅まどんな【石原 和徳さん】のご紹介(松山市中島)
紅まどんな【神原 繁樹さん】のご紹介(伊予市)
紅まどんな【小林 徹雄さん】のご紹介(松山市)
紅まどんな【前田 正之さん】のご紹介(伊予郡砥部町)





南香と天草の交配品種。たいへん薄くてやわらかい外皮とじょうのう膜(薄皮)を持ち、果肉もゼリーのようになめらかで果汁たっぷりです。糖度が高く酸抜けも早いことに加え、大玉で紅の濃い美しい外観から、年末の贈答品として人気が高まっています。
外皮が薄くむきにくいため、カットフルーツとしてお召し上がりください。






切った形がニコッと笑った口のようになる「スマイルカット」にするのがおすすめです。
まず、ナイフで横半分にカットした後、縦に4〜6等分にします。


紅まどんな 紅まどんな






愛媛県立果樹試験場(現:愛媛県農林水産研究所果樹研究センター)で開発され、2005年3月に品種登録されました。品種名は「愛媛果試第28号」。「紅まどんな」はJA全農えひめの登録商標です。愛媛県のオリジナル品種で、一定の品質基準をクリアしたもののみが「紅まどんな」として出荷されています。







松山市、今治市が主な産地です。紅まどんなは外皮がデリケートなため、ビニールハウスや簡易の屋根かけなど、雨が当たらないよう施設栽培を中心に作られています。



すご技




○愛媛県オリジナルの高級柑橘

○デリケートな果皮を守るため、桃の選果機を利用している。





ご注意ください!
「愛媛果試第28号」の栽培は愛媛県内に限られています。
「紅まどんな」は、JA全農えひめの商標登録です。出荷にあたっては、愛媛県内の系統JAから 品質を保証して出荷されたものに限り認められており、それ以外の果実は「紅まどんな」の名称での 販売はできません。


HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『旬』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.