えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 「旬」商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめの食商品のご紹介
 
   
   HOME  
  季節ごとの農作物をはじめ『えひめの食』関連商品を
ご紹介します。
   


○『えひめの食』 商品
のご紹介

キウイフルーツ




鮮やかな色あいが魅力のトロピカルフルーツ
たっぷりの甘さと適度な酸味が繰り出す味のハーモニー
たまご型の果実にさまざまな栄養がギュ!

キウイフルーツ【島田 泰弘さん】のご紹介(松山市)





キウイフルーツ(ヘイワード種)の果肉は鮮やかなエメラルドグリーン色で、白色の果心の周囲に胡麻粒ほどの黒い種子が放射状に並んでいます。味は甘味と爽やかな酸味のバランスが絶妙です。キウイフルーツには、色が黄色や赤色のものなどさまざまな品種があります。






キウイフルーツにはタンパク質分解酵素「アクチニジン」が含まれています。

エネルギー カリウム リン ビタミンC 食物繊維
53kcal 290mg 32mg  69mg 2.5g
キウイフルーツ可食部100gあたりの成分 (五訂増補日本食品標準成分表より出典)






キウイフルーツの原産は中国の南部で、別名「チャイニーズ・グ-ズベリー」ともいいます。中国ではかなり昔から存在していましたが、栽培はほとんど行われていなかったようです。その後ニュージーランドへ拠点を移し改良を重ね輸出されるまでになりました。その際、外国にアピールするため「キウイフルーツ」と命名。日本では1970年代後半頃からキウイフルーツの栽培が本格的に広がりはじめました。






きれいな楕円形で、果皮にまんべんなく産毛が付いているものが良品です。果皮の色は、濃すぎるものよりも明るい薄茶色のものが良く、軽く握ったときにやわらかさを感じれば食べ頃です。






かたくて未熟なキウイは常温で追熟させる必要があります。乾燥を防ぐためビニール袋で包み(密封はしません)、20度前後の部屋に置いておきます。その際、りんごと一緒に袋に入れると早くやわらかくなります。指で軽く押して弾力を感じれば食べ頃。熟したキウイは冷蔵庫で2〜3時間冷やすとよりおいしく食べられます。






生産量の1位は愛媛県。その他福岡県・和歌山県などで栽培されています。
愛媛では伊予市、松山市、今治市などが産地として有名です。


HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『旬』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.