えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 「旬」商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめの食商品のご紹介
 
   
   HOME  
  季節ごとの農作物をはじめ『えひめの食』関連商品を
ご紹介します。
   


○『えひめの食』 商品
のご紹介

いよかん・弥生紅



かんきつ王国愛媛を代表する柑橘
口に広がるさわやかな甘さと香りが魅力
こだわりの熟成いよかん「弥生紅」!

いよかん・弥生紅 レシピのご紹介
いよかん【一色 悟さん】のご紹介(松山市平田町)
いよかん【宮内 光樹さん】のご紹介(松山市)
いよかん【北谷 由起雄さん】のご紹介(松山市中島)
いよかん【大内 明男さん】のご紹介(松山市)
いよかん【門野 誠司さん】のご紹介(松山市中島)
いよかん【煖エ 一敏さん】のご紹介(松山市)
いよかん【坂本 敏規さん】のご紹介(松山市)
いよかん【野本 昌平さん】のご紹介(松山市)
いよかん【忽那 眞二さん】のご紹介(松山市)






果皮はやや厚めですがむきやすく、果肉もジューシーで糖酸のバランスも良好。旬は1月〜3月頃で、現在生産されているいよかんの9割以上が「宮内伊予柑」という品種です。このいよかんを3月までじっくり熟成させ高品質のものは「弥生紅(やよいべに)」として売られています。「弥生紅」は樹上完熟とするため1月収穫を基本とし、センサー選果をして糖度11.5度以上のものを出荷しています。





エネルギー カリウム クリプトキサンチン ビタミンC 食物繊維
46kcal 190mg 270μg  35mg 1.1g
いよかん可食部100gあたりの成分 (五訂増補日本食品標準成分表より出典)






正確な起源は不明ですが、ミカン類とオレンジ類の交雑種といわれており、明治時代に山口県萩市で発見されました。その後、愛媛県で盛んに栽培されるようになり、愛媛県の旧国名の「伊予」という名前が付けられました。宮内伊予柑は1955年に松山市の宮内義正氏園で発見された品種で、発見者の名前をとって宮内伊予柑と命名されました。






果皮に張りとツヤがあり、持ったときに重みを感じるもの。
濃いだいだい色でなめらかな皮、中玉くらいの大きさのものが良いと言われています。






日の当たらない涼しい所で保存します。暖房の効いた部屋での保存は避けましょう。






愛媛を中心に和歌山、広島などで栽培されています。
愛媛では松山市、今治市、八幡浜市などが産地です。






○たった一本の枝変わりから愛媛を代表する柑橘に。

○予措で色づきを良くし味を調える。

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『旬』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.