えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 「旬」商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめの食商品のご紹介
 
   
   HOME  
  季節ごとの農作物をはじめ『えひめの食』関連商品を
ご紹介します。
   


○『えひめの食』 商品
のご紹介

グリーンアスパラガス



愛媛のアスパラガスは甘くてやわらかい。茹でてよし・焼いてよし。

鮮度を維持してお届け。

アスパラガスのおいしさは土づくりと細やかな栽培管理から。

グリーンアスパラガス レシピのご紹介
グリーンアスパラガス【山内 正和さん】のご紹介(西条市周桑地区)
グリーンアスパラガス【森田 忠茂さん】のご紹介(西条市丹原町)
グリーンアスパラガス【伊藤 郁夫さん】のご紹介(西条市小松町)
グリーンアスパラガス【渡部 憂樹さん】のご紹介(西条市丹原町)
グリーンアスパラガス【廣田 浩一さん】のご紹介(西条市)


出荷(2月〜11月)



〇愛媛アスパラガスは、甘くてやわらかいのが特長。

〇春芽は、ゆでるもよし、軽く焼いて食べるのもおいしいです。

〇アスパラガスはタンパク質、カロチン、ビタミンB2や繊維質も含んでいます。

〇愛媛アスパラガスのおいしさの秘密は、しっかりした土づくり。産地では、土の健康診断を行い農家自らが作ったぼかし肥料(米ぬかなどの有機質肥料を発酵させたもの)を圃場に入れ、細やかな栽培管理で育てています。






〇繊維質と苦味は日時の経過とともに増すので早く調理しましょう。

〇アスパラガスは1日で8cmも伸びる等驚異的な成長力を持つ野菜で、収穫後もその力が働き、横向きに置いておくと穂先から起き上がろうとします。その際、糖やうまみ成分(アミノ酸)はエネルギーとして消費され味が損なわれてしまいます。

〇また、切断後はやく木になろうとして根元のほうから繊維が発達して、筋が立ってきます。この繊維の発達も横向きに置いた方が、進行が早くなります。

〇このため、調理も保存も「立てて」行うことがポイントです。

〇アスパラガスは横向きに寝かせてゆでるのが一般的ですが、若い細胞の多い穂先と繊維の発達した根元が同じように過熱されるため、穂先から糖やアミノ酸が流失してしまうことが多く、このため、ゆでるときは「立てゆで」が有効です。沸騰したお湯にサラダ油少々を加え、立てて根元を10秒ゆでます。それから横にして40秒ゆでます。湯揚げ後は冷水に取らず、しばらく放置します。油の保護膜で余熱が加わり、ジューシーでおいしいアスパラガスが仕上がります。







○アスパラは、アスパラギン酸、ルチン成分、その他たんぱく質、カロチン、ビタミンB2などの栄養素を含んでいる緑黄色野菜です。

○アスパラから発見されたアスパラギン酸は、芽の部分に集中しています。






○先端までまっすぐで、穂先が紫色をしているもの

〇茎に筋がなく、みずみずしいもの

〇切り口が乾いておらず、水分を含んでいるもの






〇アスパラガスは蒸散作用が活発なので鮮度は急速に低下します。

○アスパラガスをおいしく、栄養たっぷり食べるには、糖やうまみ成分が失われないよう、「立てて保存すること」がポイント。牛乳パックの上部を切り、底に水を含ませたペーパータオルを敷き、アスパラガスを立てて冷蔵庫に保存すると長持ちします。






〇雨よけハウス栽培で安定生産

〇平成元年より立茎栽培を確立、周年に近い供給体制を確立(出荷2月〜11月)

〇徹底した土づくりを実施、50t/10a以上もの堆肥を投入し、深耕。

〇細やかな栽培管理が良質なアスパラガス生産を支える。(毎日休まず収穫、毎日栽培管理が良質生産に不可欠)

〇収穫から選別調製・輸送までの一貫温度管理で鮮度にこだわる。

〇IPM(総合的病害虫・雑草管理)により環境にやさしいアスパラガス生産を実施




HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『旬』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.