えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 「旬」商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめの食商品のご紹介
 
   
   HOME  
  季節ごとの農作物をはじめ『えひめの食』関連商品を
ご紹介します。
   


○『えひめの食』 商品
のご紹介

絹かわなす



大ぶりでやわらか。果肉は甘みがありジューシー。

火が通りやすいので、厚めに切って焼きなす・天ぷらに。
もちろん漬物にも。

「水の都」西条の湧き水「うちぬき」が育んできた特産品。


絹かわなす レシピのご紹介
絹かわなす【丹 政尚さん】のご紹介(西条市)
絹かわなす【川普@直孝さん】のご紹介(西条市)





○大ぶりのなすで、皮・果肉がとにかく柔らかく、果肉はジューシーで甘みがあります。

○焼きなす・天ぷら・漬物などで食べましょう。

○名水百選に選ばれた西条の沸き水「うちぬき」と瀬戸内の気候が育んだ銘品です。






愛嬌のある丸ナスで、皮が絹のようになめらかなことから、この名前がつきました。 地元では絹かわなすのことを「ぼてナス」とか「ジャンボ」という愛称で呼ばれています。

〇果実は300〜350gが標準で、大きいものは500g以上になるものもあり、アクや種が無く、なめらかで柔らかな果肉は甘味がたっぷりでとてもジューシーです。焼きなすにすると他のなすとの違いは歴然です。

○鮮度保持対策として、朝どりしたなすを、涼しいところで選別・箱詰めし、その日のうちに出荷しています。また、皮が柔らかく繊細なため、収穫や箱詰めの作業中も、傷をつけないように注意して丁寧に扱っています。






○西条市は、古くから「水の都」と呼ばれており、西日本の最高峰霊峰『石鎚山』の雪解け水の伏流水が町のいたるところで【うちぬき水】として自噴しています。その西条で、自然の堆肥をふんだんにつかい、うちぬき水に育てられたのが絹かわなすです。

〇絹かわなすは県内でも東予地域だけ栽培されていましたが、今日では西条特産となっています。「絹かわなす」は西条市農業協同組合の登録商標(登録第5327866号)です。

〇戦後早出しように油紙を使った育苗を行っていました、昭和30年代よりトンネル栽培が導入され、栽培農家も増加しました。現在は、第1果収穫時期まで中型のビニールトンネルで栽培を行っています。






〇水気を飛ばすとおいしくなくなるので、ラップをして常温で保管すると長持ちします。






〇明治時代には栽培されていたという記録が残っており、「庄大根、緋のかぶら」と並ぶ愛媛の伝統野菜の一つ。種を自家採取して代々守ってきました。

〇旧西条市で「うちぬき」を利用できる地域でのみ栽培されています。

〇絹のような柔らかい皮を守るための「摘葉」や「防風ネット」など圃場の工夫、また箱詰めを工夫することにより、県外への輸送も可能になりました。





HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『旬』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.