えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 「旬」商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > えひめの食商品のご紹介
 
   
   HOME  
  季節ごとの農作物をはじめ『えひめの食』関連商品を
ご紹介します。
   


○『えひめの食』 商品
のご紹介

ほうれんそう

商品の特長

鉄分の含有量は野菜の中でトップクラス
寒さに強いほうれんそうの旬は冬
甘みがありやわらかく歯ごたえが特長

ほうれんそう レシピのご紹介
ほうれんそう【明比 勲さん】のご紹介(松山市)


 


〇ほうれんそうには、東洋種と西洋種があります。

〇東洋種は中国や日本を中心として広がった品種で、葉肉が薄く、あくが少ないことが特徴で、おひたしを作るのに向いています。

〇西洋種はヨーロッパで品種改良された品種。葉肉が厚く、あくが強いことが特徴で、ソテー等の高熱調理に向いています。

〇現在の日本の市場を占めているのは、東西両種の利点を生かして品種改良された交配種です。






ほうれんそうの栄養素は水溶性ビタミンも含まれているので、茹ですぎないようにしましょう。

ビタミンA: 目や皮膚、粘膜の健康維持を助けます。
ビタミンC: 皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持っています。
カリウム: ナトリウム(塩分)の排泄を促します。調理で失われやすいので、生で食べるのはカリウム摂取に最適。
食物繊維: コレステロールや糖質の吸収を遅らせる働きがあります。



機能性


〇ほうれんそうにはシュウ酸が多く含まれ、えぐみとアクが気になります。そのため、ゆでてアクを抜いて調理する必要がありますが、ゆですぎは含まれている栄養素が流出してしまうので短時間で一気にゆでるのがコツです。

〇こうしたことより、生食用に改良されたサラダほうれんそうが少しずつ広まってきました。サラダほうれんそうは、葉がやわらかくアクが少ないのが特徴です。

〇調理の用途によって使い分ければ、素材のおいしさを存分に楽しむことができます。



来歴・構造


〇ほうれんそうは西アジア原産。名前の「ほうれん」は漢字で「菠薐」と書き、中国語でペルシアのことです。

〇東洋種は江戸時代に中国から、西洋種は明治時代以降に日本に入ってきました。



選び方


○葉がみずみずしくてつやがあり、茎が太すぎないものを選びます。根が濃いピンクのものは、味のよい東洋種の性質を備えています。



保存法・加工法


〇ポリ袋に入れ、畑で育っていたように立てて冷蔵庫で保存すると、鮮度が保てます。葉が重なり合わないので傷がつきにくいのです。

〇食べきれない場合には、かためにゆでて小分けし、密封して冷凍すれば、ソテーやスープなどの利用できます。



産地の特長


〇愛媛では11月〜3月にかけて多く生産・出荷されます。

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 『旬』商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.