えひめの食
安心・安全な農産物をお届けします
えひめの食 「旬」商品のご紹介 料理紹介 えひめ「旬」仕事人 えひめの食番組 売り場紹介
JA全農えひめグループ HOME ブログ サイトマップ リンク お問い合わせ 奨励ブラウザ ご利用について
えひめの食TOP > 「えひめの食」商品のご紹介
 
   
   HOME  
  季節ごとの農作物をはじめ『えひめの食』関連商品を
ご紹介します。
   


○『えひめの食』 商品
のご紹介

商品の特長



ほくほくで甘みがあり、大粒で上品な味
品種による違いが楽しめます
美味しい栗ができる愛媛の中山間地で生産

栗 レシピのご紹介
栗【大野 奉孝さん】 のご紹介(大洲市)
栗【小屋敷 勝さん】 のご紹介(城川町)
栗【長田 直一さん】 のご紹介(伊予市)
栗【三瀧 俊二さん】 のご紹介(城川町)
栗【井伊 英一さん・上甲 憲章さん】 のご紹介(西予市宇和町)
栗【白石 和寿さん】 のご紹介(伊予郡双海町)


 


〇産地である愛媛の中山間地は、昼夜の温度差、降雨量など、地質的にも気候的にも申し分なく、大粒で和菓子のような上品な甘味のある栗ができます。

〇品種
銀寄(ギンヨセ) 舌触りがなめらかで、艶に欠けますが美味しい栗です。
古くからある品種ですが風味があります。
大峰(オオミネ) 甘みが強く、ホクホク感があり、蒸し栗に最適です。
筑波(ツクバ) 色・形共によく食べても美味しい栗の王様です。
石鎚(イシヅチ) 舌ざわりがよく保存性に優れ、特に「渋皮煮」に適します。
岸根(ガンネ) 艶に欠けますが舌ざわりがよく風味があります。






栗にはビタミンB1、ビタミンC、食物繊維が含まれています。
栗に含まれているビタミンCはでんぷん質に包まれているため、熱に強く加熱しても損失が少ないのが特徴です。

ビタミンB群: 代謝をよくし、エネルギーの供給を円滑にしたり皮膚や粘膜の健康維持を助けます。
ビタミンC: 皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持っています。
カリウム: ナトリウム(塩分)の排泄を促します。調理で失われやすいので、生で食べるのはカリウム摂取に最適。
食物繊維: コレステロールや糖質の吸収を遅らせる働きがあります。



選び方


○ 果皮に張りと光沢があってずっしりと重みがあるもの。古い栗は水分が減っているので艶や重みがなく、味も風味も落ちています。当然ですが、傷がついていたり黒っぽく変色していたり、穴が空いているものは避けましょう。
未熟な栗は表面にしわがあります。しわがないものを選びましょう。



保存法・加工法


〇栗はかたい果皮に包まれていますが保存はあまりききません。時間が経つと水分が飛んで実が収縮して味が落ちたり、虫に食べられたりするので購入したら早めに食べるようにしましょう。保存するときは新聞紙などに包んで冷蔵室に入れます。

〇また、多少風味は落ちますが冷凍すれば半年間ぐらいは保存することが可能です。この場合はよく洗ってから水気を切り、ポリ袋などに入れて冷凍庫にいれます。食べるときはそのままゆでればOKです。

〇むき栗を保存するときはアク抜きをし、水の中に入れて冷蔵します。ただし、この場合は最低でも3日以内に食べてください。むき栗を長期保存したい場合は、かたゆでにしてから冷凍保存します。



産地の概要


〇日本のブランド栗といえば「丹波栗」が知られていますが、愛媛県の「中山栗」も丹波に並ぶブランドとして高い人気があります。

〇愛媛の生産は茨城・熊本につぐ全国3位で、生産地は大洲市・伊予市・城川町などがあげられます。



産地の特長


〇産地である中山産地は、昼夜の温度差、降雨量など、地質的にも気候的にも申し分なく、大粒で和菓子のような上品な甘味のある栗ができます。

HOMEへ


HOME  | えひめの食  | 「えひめの食」商品のご紹介  | 料理紹介  | えひめ『旬』仕事人  | えひめの食番組
売り場紹介  | ブログ  | サイトマップ  | リンク  | 個人情報保護方針  | お問い合わせ  | 奨励ブラウザ


Copyright (c) JA全農えひめ All right reserved.